借り入れ ゆるい 審査

借入審査がゆるい業者から借りたい・・・・とお考えの方はちょっと待って!!

 

毎月の返済を、新しい会社から借入を繰り返して乗り切ってきたけど、もう大手では審査が通らなくなった。なのに、返済期日はもう今週末にまで迫っている。。。

 

借入審査がゆるくて、すぐにお金を貸してくれるようなところはないだろうか。でも、闇金とかではなく、信頼できるところから借りたい。

 

そんな方はちょっと待ってください。
いくら信頼がある貸金業者から、借り入れしても審査がゆるい業者はそれなりのリスクがあり、人によっては危険な業況に陥る可能性があります。
このページを見てから自分に合った方法で行動してみてください。

 

 

借入審査がゆるいのは中小消費者金融【理由も解説】

 

 

最初に結論をお伝えすると、大手の消費者金融や銀行から借入を断られたとしても、中小消費者金融であれば審査が通る可能性は十分にあります。
なぜなら、中小消費者金融のお客さんは、もともと大手の消費者金融で審査に通らなかったような方が多いからです。

 

「キャッシングをしよう」と考えた時、ほとんどの人はアイフルやアコムのような大手消費者金融やみずほ銀行や三井住友銀行などのカードローンを選びます。有名な会社であれば、間違っても違法なことはしないだろうという安心感があるからです。
このような会社はお客さんを選び放題です。お金を貸す時には、返してもらえないリスクもあるので、お客さんに困っていない現状であればできるだけ返す見込みが高い人に貸そうとします。

 

逆に、「少し不安」というような状態であれば審査を落としてしまうのです。そこで審査落ちした方が次に頼るのが、中小消費者金融となります。
つまり借入を求めてくるお客さんの数が、大手と比べて極端に少ないのです。そうなると多少リスクが高かったとしても、お金を貸さなければ会社が存続できません。そのため、大手で審査に落ちたような方でも、中小消費者金融であれば借入ができることがあるわけです。

 

もちろん、審査がゆるいというのは、審査がないわけではありません。審査基準を下げても返す見込みが小さいと判断されると、借入は難しいので注意してください。

 

中小消費者金融の中でもニッセイキャッシングやキャレント、アローは他社で審査落ちした方でも借り入れが出来ると有名です。

 

審査がゆるい会社から借り入れする危険性

 

ただし、審査がゆるい会社からお金を借りるときは以下のような危険があることを覚えておいてください。

 

利息が通常よりも高い

 

審査がゆるい会社は、審査が厳しい会社に比べてお金を返さない可能性が高い人にもお金を貸しています。

 

そのため、万が一、貸した相手が返済できないような状況になったときに会社の損失を小さくするために利息を高く設定しています。

 

もちろん利息が法外に高いというわけではなく、利息制限法に基づく中で設定されているのでその点は安心してください。

 

闇金の可能性がある

 

審査がゆるい会社から借り入れする一番の危険は、その会社が闇金の可能性があるということです。

 

急にお金が必要になり、事前調査なしで借入を申し込んだらあとから闇金だと判明した、ということも起きています。

 

「審査なし」「誰でも貸します」「即日融資」などの言葉が2つ以上並んでいれば、闇金を疑ってください。

 

そして中小消費者金融となると、ほとんど名前も知られていないような会社ばかりです。そのため、どこが中小で、どこが闇金なのか判断に迷ってどこも怪しく感じてしまうかもしれません。

 

そのときに確認するポイントは、「貸金業登録番号」です。

 

ただし闇金は正規の貸金業者の登録番号を無断で掲載していることもあるので、手間でも金融庁のホームページで検索して、最低でも広告やホームページの内容と、登録されている内容が同じか確認するようにしましょう。

 

 

このままでは借金地獄に陥る可能性大

 

借入審査がゆるいところは、大手に比べて利息が高いです。10万円未満の借入の場合は法定金利上限の20%かかるところがほとんどです。

 

少しの額だったとしても、積み重ねると大きな借金に膨れ上がります。最初は借金の元本を返済するためだった借入がいつしか、利息分を返すための借入となり、いくら返しても借金が減らない。

 

そして新たな借入分の返済のために、もっと審査がゆるいところで借入を行ったり、どうにもいなかくなって闇金に手を出してしまったり、最悪の場合、自分で自分の命を断ってしまうことにもなります。

 

 

あなたの人生はお金を返すためだけではない

 

もしあなたが、ただ無職であったり、フリーターであったりして、社会的信用がないという理由だけで今まで審査落ちしてきたのであれば、これまで紹介してきたような審査のゆるい会社に申し込んでもいいでしょう。

 

しかし、他社から複数の借り入れをしていて、審査落ちしてしまうからなどの理由であればもう一度考えてください。審査のゆるい会社からお金を借りられたとしても、そしてそこから今月分の支払いは済ませられたとしても、借金が減っているわけではありません。
むしろ増えています。

 

翌月、あなたの収入はその借金を返済できるくらいに増えるのでしょうか。

 

だからこそ、別の視点からもう一度考えてください。

 

発想の転換!多重債務のときは返済ではなく減額を考える

 

急にお金が必要になったが複数の業者から借金しているため、審査がゆるいところから借入をする。そして借金の返済のために別の会社から新しく借入をする。

 

そうしてどんどん自転車操業に陥って、審査のゆるいところから、闇金などの違法な業者に手を出して首が回らなくなる。

 

このような状況に、「審査がゆるい業者からお金を借りてなんとか間に合わせよう」とする根が真面目な方・責任感の強い方がなりがちです。

 

借りたお金を返すことは法律的にも、倫理的にも必要なことです。しかし、あなたの人生を犠牲にして、返済のためだけに働いて生きる。そうなるまでがんばり続ける必要はありません。

 

「この先、借金を返済するだけの人生になるのか。」そう思ったとき、借金の返済ではなく、「減額」という手段を考えてください。

 

債務整理は自己破産だけじゃない!3つの中から選択

 

法的にも認められた借金を減額する手段に「債務整理」があります。

 

10年くらい前に比べて認知度は上がってきましたが、まだまだ「債務整理」=「自己破産」と真っ先に結びつけてしまう方が多いのも事実です。

 

たしかに自己破産は債務整理の1つですが、他にも任意整理、個人再生の2つがあります。債務整理の選択次第では、自己破産することなく

 

・家族や友人、会社に迷惑をかけることなく借金の減額ができる
・マイホームやマイカーを手放すことなく借金の整理ができる
・80%近い借金の減額を受けて再出発できる

 

ようになります。

 

→ 借金0円も夢じゃない!債務整理の匿名無料相談 借金解決診断シミュレーターを使ってみる

 

それでは具体的に債務整理についてお伝えします。今まで持っていたマイナスのイメージがきれいになくなるはずです。

 

1.任意整理

任意整理では裁判所を通しません。お金を借りている貸金業者と「直接」、「個別に」返済額や返済方法を交渉します。

 

任意整理に特別な資格は必要ないのですが、個人が業者に「任意整理したい」と言っても受け入れてもらえないことがほとんどのため、司法書士や弁護士といった専門家に依頼するのが一般的です。費用も債務整理のなかではもっとも安くなります。

 

また任意整理では整理する借金の対象を選べるので、たとえば友人や会社から借りたお金は整理の対象から外して、消費者金融や信販会社の借金だけを整理することができます。

 

そうすれば、今までの大切な人間関係を壊すことなく、借金の減額が可能です。官報に名前が掲載されることもないので安心です。

 

まずは任意整理を候補に考えることが一番です。

 

2.個人再生

 

個人再生を行うと、返済額は違いますが、任意整理と同じく減額した借金を返済することになります。異なるのは裁判所を通して行う債務整理ということです。

 

借金の理由も問われないので、ギャンブルやFX・株などで作った借金をなんとかしたいという方でも利用できます。

 

返済額は、任意整理を行うよりも減額幅が大きく、その返済額は法律により決まっています。
下表が借入額と法律で定められている最低弁済額です。

 

借入額 最低弁済額
100万円未満 全額
100万円〜500万円未満 100万円
500万円〜1,500万円未満 5分の1
1,500万円〜3,000万円未満 300万円
3,000万円〜5,000万円以下 10分の1

 

たとえば複数の貸金業者からお金を借りていて、その合計額が600万円だったとすると、最大で120万円にまで返済額を減らすことができます。この手続きで決まった返済額を、裁判所を通して作成した再生計画に基づいて返済をしてくことになります。

 

原則は3年で、子どもの教育費や医療費などの特別な事情が認められる場合には最大で5年まで返済期間の延長期間が認められています。

 

また住宅ローンは個人再生によって減額もされませんが、ローンを支払い続けることでマイホームは手放さなくてもいいのです。

 

そのため、任意整理では対処できないくらい借入額が大きい方だけでなく、マイホームを建てて住宅ローンを支払い中の方でも利用できる債務整理です。ただし個人再生の債務整理の適用を受けた人として、官報に名前は記載されることになります。

 

3.自己破産

 

個人再生で紹介した表を見てお気づきかもしれませんが、個人再生の借入額では5,000万円以下までしか最低弁済額が定められていません。これは、個人再生を利用できる条件の1つとして、住宅ローンを除いた借入額が5,000万円以下だからです。

 

もし5,000万円を超える借金がある場合は、普通の「民事再生」か「自己破産」を選ぶしかありません。とはいえ、総量規制が厳しくなっている今、借入額が理由で個人再生できないという理由で自己破産になる人はほとんどいません。

 

そうではなく、個人再生をした場合の返済計画でも月々の支払いができない結果、自己破産を選ぶことが一般的です。

 

そして自己破産の手続きを行って「免責」が許可されると今までの借金はすべて支払わなくてよくなります。これが任意整理や個人再生とは大きく違うところです。

 

ただし、ギャンブルや投資、交際費などの浪費が原因で自己破産をする場合は、免責不許可事由と呼ばれるものに当たるため、免責が認められない可能性もあるので気をつけてください。

 

そして個人の財産についても20万円以上の資産と99万円以上の現金は処分する決まりです。さらに、「破産者」として官報に名前が掲載されます。

 

3つの債務整理、それぞれのメリット・デメリット

 

それぞれの債務整理を一覧にまとめると下表のようになります。

 

  任意整理 個人再生 自己破産
借金について 減額返済 減額返済 免責
減額幅 小さい 最大80 ゼロ
取立・督促 専門家に依頼した場合、ストップ 左に同じ 左に同じ
裁判所介入 なし あり あり
借金理由 不問 不問 ギャンブルや浪費などでは免責が認められない可能性あり
個人財産 失わない 失わない 20万円以上の資産と99万円以上の現金は処分
官報掲載 なし あり あり
5 5年〜10 5年〜10
相談費用 安い 中間 高い

 

 

 

債務整理によって借金の額が減る、もしくはゼロになることはもちろん嬉しいことです。しかし表で特に注目していただきたい点が、「取立・督促」のところです。

 

「専門家に依頼した場合、ストップ」と書かかれているのがわかると思います。

 

司法書士や弁護士などの専門家に債務整理を正式に依頼すると、各業者に「受任通知(介入通知)」が送られます。この通知は、債務整理を始めたことを伝えるだけのものではありません。

 

受任通知を受け取った業者は、借金をしている人に対して直接、取立・督促ができなくなるのです。これは法律で明確に禁止されている強制力の強いものです。

 

債務整理を依頼したタイミングで受任通知は送られるので、そのあと安心して、冷静な状態でどの債務整理を選択するか決められます。

 

今まで支払日直前に頭を抱え金策に走り、電話の音に怯えるような生活から解放されるのです。債務整理を始めて「安心して眠れる日が来るなんて思わなかった」という感想が多いのもあまり知られていないメリットです。

 

→ 借金解決診断シミュレーターで無料・匿名で返済プランを確認してみる

 

誤解された債務整理のデメリット

 

債務整理について周りに相談すると

 

・ブラックリストに載る
・マイホームを手放さないといけなくなる
・会社にいられなくなる
・債務整理したことが周りに知られることになる

 

と心配されるかもしれません。ですが、先ほどもお伝えしたように任意整理・個人再生であればマイホームを手放すことなく借金を減額することができます。

 

会社から借金をしていない限り、債務整理をしたとしても知られることはありません。任意整理であれば、会社から借金をしていたとしても債務整理の対象から外せば知られることはないので安心してください。

 

ですから、会社にいられなくなるなんていうことも全くの嘘です。

 

また個人再生や自己破産を行うと、その手続きを行ったという事実が実名で公開されてしまうことは事実です。しかし今まで何人の人が「官報」を見たことがあるのでしょうか。そもそも官報の存在を知らない人が大半なのではないでしょうか。

 

そして信用情報機関に登録される、いわゆる「ブラックリスト入り」ですが、これも生涯ずっとというわけではありません。任意整理の場合は5年、個人再生や自己破産でも10年と決められています。

 

特にこの記事をお読みいただいているということは、大手では審査落ちしてしまうような状況だと思います。そのような状況で、ブラックリスト入りすることが大きなデメリットになるのでしょうか。

 

もちろんブラックリスト入りしてしまうと、審査がゆるい会社ですら5年〜10年は審査が通りません。しかし借金は減額・免責になっているので、逆に考えれば、強制的に生活を立て直すための期間とも言えます。

 

その間、借入無しで生活をすることができれば、返済可能額を超えた借金を今後することはないでしょう。そして、登録期間が終わると他の人と同じように、変わらずクレジットカードも作れるようになります。

 

債務整理をすると家族もローンやクレジットカードの審査に通らなくなるのでは、と不安に思われる方も多いですが、あくまで審査されるのは「個人」です。債務整理した人の家族だからという理由で審査落ちすることはないので、安心してください。

 

このように考えれば、債務整理で一般的に言われているデメリットは、督促から解放されて、借金を整理できるメリットに比べれば取るに足らないものと言えます。

 

 

借金相談シミュレーターなら弁護士に相談する前に減額方法を匿名で知れる

街角法律相談所の画像

 

実は弁護士などの専門家に相談する前に、匿名で、あなたの借金を本当に減額できるのか、減額できるとしたらどれくらいなのか、ということを診断する無料サービスがあります。

 

それが街角相談所の借金解決診断シミュレーターです。3つの質問に応えるだけで借金の減額方法や月々の返済額がいくらになるのかを24時間いつでも、匿名で、無料で知ることができるのです。

 

最初から弁護士事務所へ行くのが怖いという方でも安心して利用できます。インターネットから使えるので、周りの目も気になりません。

 

⇒街角法律相談所に匿名・無料で相談してみる

 

借金を整理する生活とこのまま借入を繰り返し続ける生活

 

審査がゆるい貸金業者から借入ができれば、当面の課題は解決するでしょう。ですが、今のような支払日前のプレッシャーや、督促などの電話の音に怯える日々は変わらず続いていきます。

 

このまま借入を繰り返して、返済のためだけに働いて生きるような生活でいいのでしょうか。債務整理はその単語の堅苦しいイメージで誤解されがちですが、実際にやってみるとあっけないほど簡単なものです。

 

難しいことは専門家に丸投げでき、債務整理を始めることで、これまでの取立や督促も一切なくなり、精神的な重圧からも解放された生活を送れるようになります。夜に心配ごとなくぐっすりと眠れることがどれだけ幸せだったかを思い出せるでしょう。

 

債務整理はあなたの新しい人生を始めるための、最初のステップとなるはずです。

 

⇒借金解決診断シミュレーターで自分にあった債務整理を診断してみる

 

更新履歴